【初心者向け】35mm換算を簡単に説明

前回の終わりの方で35mm換算の話をちょこっとしましたよね
今回は35mm換算の事をカメラ初心者の方にでも簡単にわかるように説明いたします

hakuさん、今回もわかりやすい説明でお願いします

はい、では説明していきますね
35mm換算とはフィルムカメラのフィルムのサイズから計算されています

デジカメにはフィルム使われてないのに???
どう言う事???

そうですよね
これだけでは何もわかりませんよね
センサーの話を覚えていますか?

フィルムの中の写真が写り込んでいる所を画面サイズとして、その寸法を基準にセンサーが作られています
上図の画面サイズの寸法と書かれている所を見てください
横36mm×縦24mm、フルサイズのセンサーと同じです
と言う事は、フルサイズのカメラ=フィルムカメラ と言う事です
フィルムカメラの写し込む画面サイズとフルサイズカメラの写し込む画面サイズが一緒と言う事なので、これを基準に35mmと言っています

フィルムカメラの写し込む画面の大きさと、フルサイズカメラの写し込む画面の大きさが一緒だと言う事はわかったわ
でもまだ35mm換算の意味がわからないわ

はい、続いて35mm換算をするのに必要なレンズの話をしますね
レンズ交換カメラには、標準レンズ、広角レンズ、望遠レンズ、単焦点レンズ、魚眼レンズ、マイクロレンズ、PCレンズとあります
それぞれのレンズには焦点距離と言うものがあります

AF-P NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR レンズ

レンズの焦点距離の範囲を見てください
こちらのレンズは標準ズームレンズで焦点距離が18-55mmの範囲で調整できると言う事です
フルサイズで18-55mm
これを35mm換算してAPS-Cで使用すると27-82.5mmになります

わかりやすいように図にしてみました
センサーからレンズの主点までを焦点距離と言い、レンズから被写体までの上下左右の角度を画角といいます
※注(このレンズはAPS-C専用なのでフルサイズでは使用できません)

焦点距離と画角までは理解できたわ
どんな写り方がするのかしら?

では、検証してみましょう

同じレンズを使ってフルサイズとAPS-Cを撮ったらどうなるかを画像にしてみました。

ポッケ
フルサイズで撮影
ポッケ
APS-Cで撮影

APS-Cで撮影した方がズームしたように見えませんか?
フルサイズより写ってる範囲は狭いけど、ズームしたように見える

ポッケ

フルサイズで写り込む範囲に対して、APS-Cで撮ると白枠の範囲しか撮影出来ません
ここで画角の違いが出てきました
フルサイズのカメラで写る範囲を基準に35mm換算と言います

じゃあ私はフルサイズがいいわ
やっぱり写り込む範囲は広い方がいいもの
hakuさんはなぜAPS-Cを選んだの?

もちろん価格の問題が重くのしかかった事が第一ですが、やはり35mm換算は魅力でした
野鳥撮影をするのに最低でも300mmのレンズが欲しいのが事実です
それがAPS-Cで35mm換算すると300mmのレンズが450mmと言う事になりますね
これで少しは野鳥との距離を稼げるわけです
実際APS-Cのカメラを使ってますが、画角の狭さは同じレンズで同じ距離で比べてわかるもので、APS-C単体で画角の狭さを感じる事はないです
それに価格もお手頃ですからね
フルサイズのカメラになるとグンと価格が上がりますもんね
そのかわり何を言ってもセンサーの違いで画素数もグンと上がるのでそれだけ綺麗に撮れます

そうか・・・
それなら初心者はAPS-Cで十分ね
私はAPS-Cのミラーレスカメラにするわ
hakuさん今回もわかりやすい説明ありがとうございます

お役に立てて良かったです
ではまたお会いしましょう

今回のまとめ

35mm換算を簡単にまとめると

  • フルサイズの画角を基準とされている
  • APS-Cのカメラではフルサイズに比べると画角は狭くなるが1.5倍ズームされたように写る

今回は35mm換算の話をしましたが、カメラ選びをする際に結構重要な項目になってくるので覚えておいて損はありません
野鳥撮影をされてる方の中には大砲のようなゴッツイ高価なレンズで三脚で撮影されています
そこまでお金を掛けなくても300mmのキットレンズでも35mm換算で450mmの相当で写し出すことが出来るので、十分野鳥は狙えます
明るいレンズでテレコンを付ければもっと焦点距離が延びるので距離を稼ぐ事ができるのですが、今回はここまでにしておきます

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA