【野鳥撮影】野鳥撮影用おすすめ望遠レンズ

今回は野鳥撮影用のおすすめ望遠レンズをご紹介します
その前に、私が初めて野鳥撮影したレンズから順を追ってご紹介いたします

望遠レンズもたくさんあって何を選べばいいのかわからなっかったの

私の使っているカメラはNikonなのでご紹介レンズもNikonになりますけど・・・

私もNikonのミラーレス一眼だからちょうどいいわ

そうでしたね
ミラーレス一眼でしたね
今回紹介するのはFマウントなので、Zマウントのミラーレス一眼には取り付けられないので、マウントアダプターFTZが必要になります

そうだったんですねー
聞いておいてよかった

※ 注意

Nikonのミラーレス一眼のレンズ取り付けマウントはZマウントなので、Fマウント(一眼レフ機)のレンズを使う際は、NikonマウントアダプターFTZを使ってマウント変更をしなければ取付できません

野鳥撮影用おすすめレンズ3品

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

このレンズはNikon D5600 ダブルズームキットに付属の望遠レンズです
単品で買うこともできる安価な入門編の望遠レンズになります
安価な割には性能が良く、私も最初のうちはこのレンズで十分満足していました
※おすすめポイントは
300mmズームで僅か415g
手振れ補正が4段
スティッピングモーター採用で爆速オートフォーカス

ただ、300mm望遠時のf値が6.3と暗めなので、森の中など光の届きにくい場所では手動で露出補正してやらないと暗い写真になってしまいます
AUTOで撮影しているとISO感度が激しく上がってしまう為にノイズが目立って使い物にならない写真が出来上がってしまいます
後、レンズフードは付属ではないので別途購入

AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR で撮影した写真をご紹介します
まずはトリミングしていない画像から見てください

ウグイス
トリミングなし6000×4000画像を700×467にリサイズしています
絞り値:f/6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO:400
※著作権上、画像の無断利用、および転用は禁止いたします

写真の大きさの割に、被写体のメジロが小さすぎますよね?
やはりトリミングが必要ですね
次にこの写真をトリミングした写真をみてください

ウグイス
6000×4000画像から2000×1333でトリミングした画像を700×467にリサイズしています
絞り値:f/6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO:400
※著作権上、画像の無断利用、および転用は禁止いたします

野鳥撮影にはトリミングが付き物なので、なるべくISO感度を上げずに高画質で撮影する事が大事です
これは光が後ろから被写体に良い感じで当たっているので綺麗な写真が撮れました
この写真をAdobe Photoshopでレタッチして色合いを鮮やかにしてみましょう

ウグイスウグイス

レタッチして画像が色鮮やかになりました
AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR は安価でも優れもののレンズです

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR

安価のAF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR で暗さを感じた私は次に購入したレンズがこの
AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR です
70-300mmと焦点距離は変わりませんが、明るさが0.5段階明るくなって、300mm時にf/5.6のF値なので少し明るくなりました
AF駆動もスティッピングモーターを採用しているので爆速のAFは変わりません
手振れ補正は 4.5段と0.5段階補正が強くなりました
オートフォーカスはAFとMFの切り替えが付き、A/M・M/A・M と三段階切り替えのモードがあります
A/Mはオートフォーカスメインでフォーカスリングで調整するとマニュアルに切り替わり、M/A はオートフォーカスからフォーカスリングに少し触れるだけでマニュアルに変わってしまうモード、M は完全マニュアルフォーカスです
A/M モードで使う事をおすすめします
VRはSPORTモード追加で、動きの変化が激しいスポーツ撮影などに最適のモードで、野鳥撮影では流し撮りで活用できますが、VR NORMALより手振れ補正効果が低くなることが多いので、野鳥撮影には VR NORMALをおすすめします
レンズ構成も良くなり、色収差も少なくなりました
重量は若干重くなり、680gになってます
300mm望遠ズームレンズの中ではそんなに価格も高くなく、高性能の望遠ズームレンズです

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR で撮影した写真をご紹介します
まずはトリミングしていない画像から見てください

キビタキ
トリミングなし6000×4000画像を700×467にリサイズしています
絞り値:f/5.6 シャッタースピード:1/500秒 ISO:1400
※著作権上、画像の無断利用、および転用は禁止いたします

こちらの写真も、被写体のキビタキが小さすぎますよね?
やはりトリミングが必要ですね
次にこの写真をトリミングした写真をみてください

キビタキ
6000×4000画像から2000×1333でトリミングした画像を700×467にリサイズしています
絞り値:f/5.6 シャッタースピード:1/500秒 ISO:1400
※著作権上、画像の無断利用、および転用は禁止いたします

では、この写真もAdobe Photoshopでレタッチして色合いを鮮やかにしてみましょう

キビタキキビタキ

若干ですが、レタッチして画像が色鮮やかになりました
やはり描写はこちらのレンズの方が上になります

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6G ED VR でも物足りなくなった私はこの AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR にたどり着きました
価格がグッと上がるのでハードルはかなり高かったですが、野鳥撮影レンズにピッタリの一品です
まず、300mmの単焦点望遠レンズで上記の望遠ズームとの違い300mmだけでしか使えません
しかし野鳥撮影は、ホボほぼ300mmでしか撮影しないので好都合、しかも単焦点レンズなので描写はお墨付きのレベルの物です
レンズ構成も上記二品よりも更に良くなっており、PFレンズで更に色収差も少なくなり、ナノクリスタルレンズでゴーストなどの発生も抑えてくれています
手振れ補正も4.5段でVR SPORTモードも搭載
とにかく軽量、小型の300mm単焦点望遠レンズです

AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR で撮影した写真をご紹介します
まずはトリミングしていない画像から見てください

コゲラ
トリミングなし6000×4000画像を700×467にリサイズしています
絞り値:f/4 シャッタースピード:1/500秒 ISO:1250
※著作権上、画像の無断利用、および転用は禁止いたします

こちらの写真も、トリミングしてみましょう

コゲラ
6000×4000画像から2000×1333でトリミングした画像を700×467にリサイズしています
絞り値:f/4 シャッタースピード:1/500秒 ISO:1250
※著作権上、画像の無断利用、および転用は禁止いたします

では、この写真もAdobe Photoshopでレタッチして色合いを鮮やかにしてみましょう

コゲラコゲラ

こちらのレンズでも若干ですが、レタッチして画像が色鮮やかになりました
描写力は上記二品よりも断然上です
JPEG画像でもホボほぼレタッチで手を入れなくても非常に綺麗に表現できています

ここからは少し余談ですが、魚釣りの釣り竿の価格もピンキリですが、安い竿と高い竿で釣り比べてどちらが大物を釣る事ができるでしょうか?
答えは、どちらの竿でも大物を釣る事もできます
細かい事を言えば、高額な竿は、かかった魚のやり取りが楽になったり、取り込みやすくなったりと利点はありますが高額な竿を使ったからと言って大物が釣れるとは限りません、私も趣味で釣りをするので十分わかっています
しかし、カメラのレンズは値段が高くなればなるほど良い写真が撮れます
カメラを初めて持った初心者でもすぐに結果がでます
確かにレンズは高額なので渋る気持ちもわかりますが、より良い写真、綺麗な写真を撮るならなるべく高額なレンズをおすすめします
最初だから・・・ 初めてだから・・・ などと言う理由で安価なレンズを買うと私みたいにレンズ沼にはまってしまうので、購入する際は良く下調べをし、実際に使ってみたレビューを参考にするのがおすすめです
その中で野鳥撮影レンズは、AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR を私は一押しでおすすめします


今回のまとめ

野鳥撮影のおすすめ望遠レンズをまとめると

  • F値に注意してなるべくF値が低いレンズを選ぶ
  • 野鳥撮影レンズは最低でも200mm以上が必須
  • 予算の範囲内での最高レンズを買う

70-300mm f/4.5-6.3 のレンズでも綺麗に撮影できるので、お手持ちである方はまず、その望遠ズームをお使いください
野鳥撮影をしているともっと綺麗に撮りたい、明るさが欲しいなど欲望が出てくるので新しレンズを購入するのはそれからでも遅くはありません
記事でも申していますが、私の中では AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR が野鳥撮影に最も適した望遠レンズと言えます
もちろんそれ以上の性能のレンズもたくさんありますが100万以上の値が付く物がほとんどで、しかも重量も1500g以上がほとんどなので手持ちでの撮影は困難で三脚を据えての撮影スタイルになります
私の野鳥撮影は手持ちスタイルで歩いてポイント移動なので、軽量コンパクトの野鳥レンズは AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR 以外にはありません

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA