はじめに、今更LANケーブルの通線(配線)工事が必要なのか?
今あるLANケーブルでは駄目なのか?

ゲストさん

hakuさん?
今あるLANケーブルでは駄目なの?

haku

駄目なわけではないのですが、LANケーブルの種類がごちゃまぜになっていると通信速度が最速にならない可能性があります
なのでLANケーブルのカテゴリーを統一してやる事が快適、最速の通信速度を出すことになります

ゲストさん

???
よくわからないから説明おねがいします

haku

わかりました、ではご説明いたします
今、よく使われているLANケーブルのカテゴリーについてお話します

LANケーブルにはカテゴリーというものがあって、カテゴリーによって最大通信速度、伝送帯域が異なってきます
伝送帯域が大きければ大きいほど大量のデータを同時に流すことができます
(道路で例えると、片側一車線か片側二車線の違いみたいなものです)
下記に通信速度と伝送帯域の表を記載しました

LANケーブルカテゴリー最大通信速度伝送帯域光回線での利用
カテゴリー5100Mbps100MHzおすすめしない
カテゴリー5e1Gbps100MHz
カテゴリー61Gbps250MHzおすすめ
カテゴリー6A10Gbps500MHz非常におすすめ
カテゴリー710Gbps600MHz一般ではいらない
カテゴリー7A10Gbps1000MHz一般ではいらない
カテゴリー840Gbps2000MHz一般ではいらない

私がLANケーブル通線(配線)工事で見る現状ですが、企業、学校、病院、役所などの施設で殆どが カテゴリー5e のLANケーブルが使われています
しかも、カテゴリー5e、カテゴリー6、カテゴリー6A が混在しているのが現状です
通信速度、伝送帯域の良いカテゴリー6Aを取り入れてても、違うカテゴリーのLANケーブルを混在させると、一番下のカテゴリーの性能で動作することになります
つまり、ルーターから各ハブやアクセスポイントに カテゴリー5e が使われていて、ハブからPCに カテゴリー6A が使われてても最大通信速度の10Gbps、伝送帯域の500MHzにはならず、カテゴリー5eの最大通信速度1Gbps、伝送帯域100MHzの通信となるわけです
今後、企業、学校、病院、役所などの施設は カテゴリー6 か カテゴリー6A のLANケーブルに引き直すと思いますが、全面張り替えとなると予算も莫大になるのでどうでしょうか・・・

ゲストさん

なるほど!
わかりやすい表と解説でよくわかりました
では、うちは カテゴリー6A のLANケーブルを使えば良いのですね

haku

家庭内の短い距離であれば市販の カテゴリー6A 対応のLANケーブルを選んで統一しておけば間違いありませんが、天井裏、壁の中の通線(配線)工事となると カテゴリー6A のケーブル自体が高価なものになるので一概に カテゴリー6A がコスト的に高価な物になるのと、ケーブル自体の太さや硬さなど取り回しが不便になります
※カテゴリー6A のLANケーブルは市販のケーブルとは単価も種類も違います

ゲストさん

じゃあどのカテゴリーを選べばいいの?

haku

光回線の契約が1ギガなら カテゴリー6 で十分ですが、伝送帯域を考えると カテゴリー6A の方がスムーズに通信できると思います
ただ、1ギガを超える通信速度の契約なら カテゴリー6A でないと実際の速度は発揮できません

ゲストさん

うちの回線は1ギガの契約なので、カテゴリー6 で良いのね?

haku

はい
カテゴリー6 で十分です

PCメンテナンス関連でLANケーブルの通線(配線)工事を始めました
法人様、個人様、共に対応いたします

出張範囲

  • 近畿2府4県(大阪府以外は交通費別途必要)

概要

  • 会社、ご家庭に引き込まれているLANケーブル(インターネット回線)以降の通線(配線)工事
  • 各部屋に天井裏、壁の中などにLANケーブルを通します 
    ※(天井裏や壁の中に引き込めない場合はモールを使用します)
  • 既存のLANケーブルの引き直し(カテ5eからカテ6への引き直し)
  • スイッチングハブ、アクセスポイントの追加工事

Pocket
LINEで送る