Webサイト制作内容

Webサイトの制作方法

  • WordPressを使って制作
  • HTML&CSSコーディングで制作
  • ECサイト(ネットショップサイト制作)
    ※ECサイトはWordPress制作のみで承っています

Webサイト制作料金について

Webサイト制作料金については、制作方法(Webサイトのみ制作、Webサイト&ECサイト制作、ECサイト制作のみ、HTML&CSSコーディングでの制作)、内容とボリューム(ページ数)によって価格は変わりますが、最低設定料金は

  • Webサイト制作のみ:10万円~
    (Webサイト制作に必要な写真撮影費も含む)
  • ECサイト制作のみ :20万円~
    (初めてECサイト制作の場合は決済サービスも相談に応じます)
  • Webサイト管理費 :年間 6万円~
    (更新回数は月6回まで、ページ増加は1ページ毎5,000円いただきます)

Webサイト制作について

Webサイトと言っても様々で、企業のホームページ、個人のホームページ、ネットショップサイト、個人のホームページ、ブログなどなどetc.・・・
これらを全てWebサイトと言います

制作方法は2パターンあり

  • CMS(Contents Management Systemの略です)を使って制作
  • HTML&CSSコーディングで1から制作

CMSサイトの中で代表的なものはWordPressで最初からテンプレートもたくさん用意されているので好みのテーマを探してWebサイトを作る事ができます
Webサイト制作の知識がなくても手軽にできる為人気のCMSです
他に各社のブログサービスなどもCMSになり、最初から用意されているテンプレートもあります

HTML&CSSコーディングとは、白紙のメモ帳からコードを書いてWebサイトを作る方法で、例に挙げてみると

<!doctype html>
<html>
   <head>
     <title>ホームページタイトル</title>
   </head>
<body>
   <header>
   <!--ロゴ&ヘッダー画像-->
   </header>
   <div id="wrapper">
     <div class="main">
     <!--メインコンテンツ-->
     </div>
   </div>
   <footer>
   <!--フッター-->
   </footer>
</body>
</html>

上図に記載したようにコードを直接書いていき、Webサイトを作成します

当然ながら、1から制作するHTML&CSSコーディングの方が料金は高くなります

CMS制作にするのかHTML&CSSコーディング制作にするのか

制作方法で料金が大きく異なります

CMS(WordPress)での制作のメリット

  • 制作コストが安い
  • 少しの勉強で更新が自分でできる
  • Webサイト管理を自分でできる


CMS(WordPress)での制作のデメリット

  • 自分でWebサイトを管理する場合、知識が無いとWordPressが重くなったりクラッシュしたりする可能性がある
  • 自分でWebサイトを管理する場合はそれなりに知識が必要となる



HTML&CSSコーディングでの制作のメリット

  • Webサイトの表示が速い
  • Webサイトデザインに自由度が高くなる
  • サーバーへの負担が少ない


HTML&CSSコーディングでのデメリット

  • 制作コストが高い
  • 自分で更新できない
  • 管理費が発生する

など、一例ですがCMS・HTML&CSSコーディングでのメリット、デメリットを挙げてみました
制作方法は打ち合わせ時にご相談ください

Pocket
LINEで送る